Swiftについて

Swiftとは

SwiftとはiPhoneで有名なAppleが作った
プログラミング言語で2014年6月2日に発表されました。

主にアプリ開発に利用される言語となります。
プログラミングの実行方法はコンパイラ方式です。

最大の特徴は、Android,iOS(iPhone等)両方とも
対応することができることです。

今までは、AndroidはJavaで開発し
iOSはObjective-Cで開発しなければなりませんでしたが
Swiftを利用すると開発が1回だけで済みます。
(Androidで利用するときには変換する必要がありますが・・)

AndroidがJavaからSwiftに変更される

Androidを生み出したGoogleがAndroidで利用している言語を
JavaからSwiftに移行する動きがあります。(thenextwebから)

移行する理由としては、

1. Javaを利用することでのオラクルとの訴訟問題
2. Swiftがオープンソースで公開することになった
3. Androidにも適応することも可能(変換する必要あり)

です。

スポンサードリンク

Swiftの年収

現在のSwiftの平均年収は483万円です。

本格的にAndroidでも利用されるようになれば
需要が急激に高まるので平均年収500万円の壁は
楽々突破するでしょう。

スポンサードリンク

Swiftを開発するために必要な環境

Appleが設計したものなので
現在はMacでしか開発することができません。

MacにXcodeという統合開発環境(IDE)を入れて
実装してきます。

iPhoneにつなぐと実機でテストができます。

Swiftの学習コスト

Swiftの学習コストは上です。

プログラミングを一切していない状態から
はじめるとかなり苦労します。

Swift2からプログラミングの作法やルールなど
が変わっていますので以前からプログラミングを
している人でも少々とっかかりにくいです。

C#,C++などプログラミング経験があれば
理解しやすいでしょう。

 - 言語