PHPについて

PHPとは

1995年に登場したWeb開発に特化した
インタプリタ型のプログラミング言語です。

ブログやSNSなどの開発で活躍しています。

PHPでWeb制作することができますが
スマホアプリを作ることはできません。

PHPをプログラミングしていることを
PHPerといいます。

スポンサードリンク

PHPが優れているところ

PHPは1番利用されているプログラミング言語

PHPを一躍人気にさせたのはWordPressの登場です。

WordPressとはPHP言語で作られた
ウェブコンテンツシステムです。

WordPressを使うと簡単に
独自のプログを作ることができます。

簡単にプログを作るころができるので
世界各地で利用者が増えています。

プログラミング経験がない主婦でも
使っている人もいるので初心者に
おすすめしている言語です。

PHPは利用者数が多いので
困ったときでも調べれば
すぐに回答にたどり着くことができます。

PHPのデメリットがなくなった

数年前まで、PHPは遅い・オブジェクト指向ではない
プログラミングをするともっさりして使いにくい等
がありました。

PHPはバージョンが上がるたびに弱点を克服し
進化しています。

今ではPHPは高速かつ利便性の
高いプログラミング言語となっています。

スポンサードリンク

PHPの需要は非常に多い

プログラミングの求人情報を見てみるとわかりますが
圧倒的にPHPの求人が多いです。

PHPは簡単に動的なWebページを作成することが
できるのでほとんどのWeb制作会社が利用しています。

PHPはプログラミング初心者におすすめ

ほかのプログラミング言語に比べると
圧倒的に簡単です。

制約もゆるいのでつまずくことも
ほかのプログラミング言語に比べて少ないです。

さくっと申し込みページなどを作るのには
とても重宝するプログラミング言語です。

PHPの年収

PHPの平均年収は538万円です。

PHPは簡単なプログラミング言語なので
熟練度に応じて年収の高低差があります。

PHP初任給は安いところで月16万程度のところもあります。
年数を重ねてPHP、データベース、設計などできるように
なると平均月30万程度までなります。

PHPだけはCTO(技術責任者)になっても
年収が上がりにくいです。

PHP界隈のCTOの年収を聞いても
平均年収が600万円前後です。

年収アップするために
ほかのプログラミング言語に転換する人もいます。

PHPの学習コスト

とても簡単で初心者におすすめの言語です。

飲み込みがはやい人なら2日程度で
申し込みフォームを作ることができます。

気合を入れれば初心者でも1ヶ月で
掲示板を作ることも夢ではありません。

PHPを自分のパソコンに入れて
メモ帳でプログラミングすることができます。

PHPを利用するためには
WindowsならXampp、MacならMampを
使用すると開発しやすくなります。

メモ帳でもプログラミングすることは
可能ですがNetBeansやExlipseを使うと
プログラミングしやすくなります。

 - 言語