Javaについて

Javaとは

1995年に登場したWeb開発に特化した
コンパイラ型のオブジェクト指向のプログラミング言語です。

Web制作やスマホアプリ(Android)の開発で活躍しています。

JavaとJavaScriptは似ていますがまったくの別物です。

よくJavaScriptと勘違いをして
Javaをしているという人がいますが
プログラマーからすると一発で初心者と
思われますので間違わないようにしましょう。

スポンサードリンク

Javaが優れているところ

オブジェクト指向で有名となったJava

いくつかオブジェクト指向のプログラミング言語がありますが、
オブジェクト指向を理解しやすいのがJavaです。

Javaはシンプルであるからこそ
オブジェクト指向を経験していない人におすすめです。

メモ帳にJavaで書かれたものの拡張子をjava変えて
コンパイルするだけで実行することができます。
(実行するためにコンパイラは必要です)

Androidの進出でさらにJava人気が沸騰

現在、AndroidのアプリはJavaを利用して
アプリ開発しています。

スマホアプリの需要が増えるとともに
Javaの人口も増えてきています。

ですが、

Swiftが誕生してからGoogleがAndroidの
プログラミング言語をSwiftに変える動きも
ありますので要注意です。

JavaはWeb制作でも利用されています

Javaはスマホアプリだけでなく
Web制作もすることができます。

複雑な処理をしたいときにはPHPより
Javaのほうが重宝します。

URLを見て「.jsp」とついているものはJavaで
開発されたWebページです。

スポンサードリンク

Javaの習得レベル

Javaの習得レベルは中です。

まったくプログラミングをしていない人でも
わりと理解しやすいプログラミング言語です。

オブジェクト指向で挫折する人も多いですが
ほかの言語に比べるととても簡単です。

Androidでアプリを開発したい人は
フレームワークを使って開発することになります。

Javaの基礎を理解してから
Androidフレームワークに進めるとよいでしょう。

Javaの年収

統計データでは、Javaの平均年収は499万円です。

私の周りのJavaで開発しているプログラマーは
もっと年収が高いです。

統計ではJavaは平均年収499万円でしたが、
私の周りの平均年収は600万円以上です。

JavaはWeb開発よりスマホアプリ開発のほうが
平均年収が高い印象です。

スマホアプリ開発は大ヒットすれば
たくさんのお金が入ってきます。

しかしながら、鳴かず飛ばずの場合は
どんどんお金が消えていきます。

就職先の業績によって左右されやすい
プログラミング言語でもあります。

 - 言語