C言語について

C言語とは

C言語とは1972年に登場した
コンパイラ型のプログラミング言語です。

古いプログラミング言語ですが、あらゆることができる
ので今現在も多くのプログラマーがC言語を利用してます。

C言語を理解していれば、
ほかのプログラミング言語も理解しやすいです。

スポンサードリンク

C言語が優れているところ

C言語ウィザードにもなれば
ありとあらゆることが可能になります。
たとえばOSを作ったりロボットを動かしたり
することも可能です。

有名なのはUNIXはC言語で作られています。

ほかのプログラミング言語でできて
C言語でできないことはありません。

学生からプログラミングを勉強するならC言語からはじめよう

プログラミングの基礎の基礎を理解することができます。
多くのことを学ばなければ実戦には不向きですが、

プログラマーとしての土台をしっかり築くためにぜひ
勉強してもらいたい言語です。

C言語は古くから愛されているプログラミング言語

古いプログラミング言語ですが、
現在でも現役で至るところで活躍しています。

ほかのプログラミング言語で実現できないところを
C言語はできます。

スポンサードリンク

C言語の欠点

古いプログラミングなので
オブジェクト指向の概念がありません。
(作ろうと思えば作れるのですが。。)

メモリーの設定等、細かな初期設定が
必要になります。

一からすべて自分で構築しなければ
ならないので実戦レベルに達するには
学習コストがかかります。

C言語を勉強して、他の言語を習得
そしてC言語に戻ってくることも多々あります。

C言語の年収

PHPの平均年収は597万円です。

ウィザード級のプログラマーになると
日本でも平均年収1000万以上の方も多いです。

需要はそれほど多くはなく、高額な年収のところは
金融関連、研究所など特殊な職場が多いです。

 - 言語